称名寺の歴史

慶長18年(1613)創建と伝わる称名寺の歴史をご案内いたします。

称名寺の歴史

昭和9年に天龍山常楽寺様が発行された天龍山法類名鑑によると、慶長18年(1613)梅空吟龍上人によって開創とされています。

当時は「西堂正明寺」と称され、南知多町山海にある松原山 西方寺が本寺となっていました。

明治13年4月に分離して「称名寺」と改称。

昭和18年3月 第二次世界大戦が激しくなる頃、旧境内地は全て航空隊用地に買収され、昭和19年12月に檀信徒含む地域住民と共に現在地に移転しました。

移転より45年後、平成元年に現本堂を修復しました。